あんらくし

考えたことのメモなど

致命的欠陥

ふつーに仕事してふつーに帰るだけなのになぜかクソクソユーウツなのマジでなに?!と思ってブログを書くなどしている。平日はすごい空いてるのに土日は電車混む現象、ふつうにきつい。

梅雨時、気圧が低いからなのか突然自分は誰にも必要とされない不要な存在なんだ感に苛まれるのマジで何?重大なバグだからはやく修正して欲しい
↑というようなことを呟いたらこれで一記事書けそうだなという感じがしたので、頭が働いてるうちに書く取り組み。

特別嫌なことがあったわけでもないのに、急に世界に見捨てられたみたいな気持ちになったことって人間あるあるだと思うんですが、世の人はどう対処してるんだろう。高校時代、将来への漠然とした不安と学校であった小さな不幸と低気圧と夜更かしが化学反応してよく夜中に泣いてたんですが、ああいうのって人生において必要な過程なんだろうか。
大学時代もだいたいそんな感じで過ごし、あらゆることに怒ったり泣いたり卑屈になったりしていた気がする。ツイログ読み返すと(裏垢という扱いだったのもあると思うけど)あまりに情緒が不安定で一周まわって面白いくらいだし。20歳になったら精神が安定すると思ってたけど、全然そんなことなかったです。社会人になった今もたいして精神的に変わったと思えないので一生このままなのかと思うとちょっとアレですね。
今もちょっとしたことでうわー無理やだ帰るしぬとなったりしがちだけど、無理になったから仕事休めるわけでもてきとうなことしていいわけでもないからある程度は自分をあやせるようになってきたような。
完全に没入して私なんてどうせ嫌われている、どころか私の存在なんてあってもなくても誰にとってもどうでもいいものなんだモードに入る前に、あっこれいつものしにたみゾーンに入ったなと受け身をとれる割合が高まってきたんだろうなと思います。たぶんだけど。とりあえず今日はつぶやくことで程度を抑えられたし、絶賛サブスク配信中の♪大森靖子/死神を両耳から摂取し続けることで精神の安定をはかっているので全然オッケー。

心の浮き沈み激しいけどどうにか明日のおはようまで生きる

だっっっっる

梅雨突入で瀕死です。どう乗り切ったんだっけかな。
なんか昨日今日といつもの10倍くらいアクセス数があってびびったんですが何事ですか…?解析機能がゆるふわなのでそのあたりが分からずはがゆい。なんにせよありがとうございます。

だるくて眠くて頭痛いなか面接に付き合ってたら終わった後メモ書きながら寝てました。ものはなくすし、締め切りはやばいしでじわじわ首がしまっている

そんなことはどーでもよくて、靖子ちゃんのサイン会に行ったんですよ!!!詳細なレポート書こうかと思ったんですが、これはきっと「誰にもわかってほしくないから日記に書かない幸せ」だろうなという感覚があるので胸に秘めておきます。もしかしたら耐えきれず書き出すかもしれないですが、とりあえず今日のところはそんな感じで。読む速度そんなに遅くないのでとっくに読み終わっててもおかしくない『超歌手』、丁寧に読みたくてまだ100ページしか読めてない。

昨日はミッドナイト清純異性交遊ラジオでしたね!!!!!月曜からサイコーかよ。隣で聞いてた母が「靖子ちゃん楽しそうだね」と言っていた。楽しそうな靖子ちゃん、あまりにかわいいしめちゃくちゃにわかる。来週は金曜日なんですね、待ち遠しい。ちゃんとサブスク解禁した直後にLINEの曲に設定したので何かしら靖子ちゃんにいいことあるといいなと思います。アルバム4形態届くの楽しみだなートランプやりたいけどもったいなくてできないですきっと。

ねんむい

ばかみたいだ。いやほんとにばかなんだけど。思い上がるな、と紙に書いて壁に貼っておきたい。期待しちゃだめだってわかってるのに素直に正直に勝手な期待をして、自分で立てたフラグがおもちゃだったことに気づいてぼろぼろ泣いている。しょせん一方通行だってわかってて、それでもいいと思った一年間だったのに、二年目になったらこれかよ。お前はアホか。はやく大人になりたいな〜〜いつになったら大人になれるんだろ、何ができたら大人になれるんですか?なれるんなら今すぐだってなりたいと思うけど、この意味わかんないばかみたいな気持ちももう持てなくなるんだろうか。最近高校時代に読んだ本を読み返しているのだけど、全く同じところで同じように泣いてしまうので感性が一ミリも変わってないのかよとちょっと面白かった。教壇に立ってるときは先生だけど、一歩おりたら教室の端っこで輪に入れずひたすら文庫本を貪ってる女子高校生となんにも変わらない気がしてしまう。超せんせいになるって名刺もらったんだから、それになれなきゃ絶対やだし。負けたくないから頑張りたいです。何と戦ってんの?って感じやばくて笑う。思うようにできない自分に怒ってんのかな。涙だけは頑張らなくてもぼたぼた出てくるのほんとやめて。目がくらむくらい眩しかったそこに私がいらなくてもたぶん大丈夫だからあの門をくぐるたび一切の希望を捨てよ的精神で三月までがんばろうね 泣く

単位を落とし続けてる

コミュニケーションとか、恋愛とか、そういうもろもろの単位を履修しそこねている。
そもそも人に何かを期待することが苦手なので、そのどちらにも向いてないのでは?!という気持ちもある。
仕事で誰かと話すのはできるんだけど、たまたま通勤時に一緒になった時に世間話をする〜とか、そういうのをやるべきかどうかいつも迷ってしまう。
この人は私に話しかけられて迷惑じゃないだろうか?的思いを殺すパワーがないからだと思う。
この人楽しそうに話してくれるしそれなりに親しいんだな認定した人から冷たくされると(多分そういう意図はなく、たまたまぼーっとしてたのかそういう理由が察せられても)悲しくなるから、常に「仕事上交流してるだけ」と言い聞かせてるんだけど普通に楽しくなっちゃったりするとついそれを忘れて親しいのだと錯覚してしまうからやめたい。

私は特に好かれていないビジネスライクなお付き合いなんだと思ってて、たまに親しくされたらわー嬉しいなどうしたんだろくらいに思ってないとショック死する可能性がある。親しいと思ってた人から別に親しくないビジネスライクなお付き合いなんですよという態度をとられて傷つくよりマシだし。基本は自己評価をマックスまで下げて自衛しておかないと、突然刺された時大変なので精神的に常に自傷してるんだと思います。

仕事の付き合いですらこれなので、「この人は私のこと好きなんだろう」あるいは「私この人に好きになってもらいたい」という気持ちで動く(のであろう)恋愛の単位がとれるはずもなく。期待しないと相手に迷惑をかけている申し訳なさがすごいし、期待すると相手の熱量と噛み合わなかった時の虚しさがすごいし。どうやっていい感じに折り合いつけてるのか教えてすごい人。

まじか

人間関係でごたごたしすぎて無理、みたいな事案が多発しすぎてどうしていいかわかんなくてどうしたらいいんだろって感じ。
私にもっと力量があればよかったんだろうか。力量ってなに?私が鈍感すぎるのと、彼女たちが繊細なのとでなんかもう徹底的にズレている気がしてやまない。なんかもう全部投げ捨ててちょー意味わかんないねって言って一緒に泣けたらいいのかな。それもまた負担か。
眠いから寝ようとしてたのに傷ついた旨の報告を受けたらスーッと冷めてしまい謎にブログを書いている。

とりあえずイヤホンから大森さんを流し込んで自我を保つ。もーーーーーーどうすればいいのさ。許してくれ。

ぐちゃぐちゃ

できることなら泣いてしまいたかった。
↑これに続けて叙情的に今日の気持ちを書き綴ろうとしたんだけど、バスを待ってる間に気持ちが冷めたのでやめる。それはそうと、「君の名前で僕を呼んで」がはちゃめちゃに好みだったので原作を読了してしまった。もう手を出せるものがない…かなしい…。翻訳独特の文体にあてられたからこんな雰囲気なんですかね、謎。

気圧のせいで頭痛いし、尽くしてきたのに突如嫌いでしたと言われるし、仕事終わってないし、諸々あわさってどうにかなるかと思ったぜという話。

嫌いでしたの相手はまあ多分精神的に幼いから自分の味方オア敵の分類でしか人のことを見られないんだろうなとわかってはいるけど、面と向かって言われるとハ???ってなるし後から普通に傷つく。

冷静に分析できてる自分と、ただ感情のままに泣いたり怒ったりする自分がいる。基本職場では冷静な方を自動運転してる感じなのでどうにかなってるけど、いつか本当に泣いたりしそうで恐ろしいがすぎる。

あっ泣きそう!ってなると胸骨の真ん中あたりが内側にきゅーっと引っ張られる感覚があるんですが心当たりのある人いませんか?

家帰って愚痴りながらはちゃめちゃに泣いたらちょースッキリしたのでご飯食べてねよ

湿度100%

じめじめどころのレベルじゃないですね?!暑いわ忙しいわでしにそうです。精神的にはわりと元気なんだけど、温度の変化等々についていけず体がしにかけている。

靖子ちゃんのゲリララインが最高すぎて、ロック画面のままずーっと追ってた月曜日、マジで楽しかったしあれ絶対私にだけきてたやつだよね?の気持ちまだ消えず。タピオカ苦手だけど買おうかなとか思ったら自販機のやつ売り切れだったりして大森ファンすごいなと思うなどした。(場所的に偶然だとは思う。)

靖子ちゃんの文章が好きで、ピンクだったり黒かったりする「あまい」ブログを遡って一ヶ月過ごしたりするレベルだったりしたので、本が発売されると聞いて歓喜の渦の中にいる。cakeで公開されたやつ、もったいないさら本になってから読もうと思ってたのに耐えきれず読んでしまった。ブログの更新もあって、文字通りむさぼるように読みふけるなどもした。

正直なところ靖子ちゃんのブログに触発されてこのブログを始めたようなものなので(思考のきれはしをストックしておいたら外付けHDみたいで面白いのでは?と思った。)一気に三つも靖子ちゃんの文章を読んだら記事を書かないわけにはいかないと思いホイホイフリックしてしまっているなう、という感じ。

とうとつだけど、私の文章は推敲も思考もなく他人に伝える意志がなさすぎるのだなと思った。靖子ちゃんの文章は根底にある思想がしっかりしているからか密度が濃い印象がある。何か伝えようとしているから、ちゃんと聞かなきゃと思わされるというか、この人の考えてることを知りたいと思わされるような。そういう文章をあるコンセプトのもとにまとめて、本の形で読ませてもらえるとか絶対読みたいでしょ。楽しみだな〜〜