読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんらくし

考えたことのメモなど

神話としての「ドグマ・マグマ」試論

■はじめに


大森靖子「ドグマ・マグマ」Music Video/YOUTUBE Ver.

「ドグマ・マグマ」とは、超歌手・大森靖子さんが3月15日にリリースされたアルバム「kitixxxgaia」の一曲目のことです。
すでにいろいろな形で解釈がなされている歌ではありますが、自分なりに歌詞の解釈を試みたのでそれについてまとめてみようと思います。
(他の方の解釈をきちんと読みこめていないので、どなたかと重なっていたりするかもしれないです。また、あくまで試論なのでどこかしら矛盾があると思われます。)
 
歌っている「あたし」が語る「神話」としての曲であると解釈することができるのではないか、というのが私の考えです。それについて、歌詞を引用しつつ書きます。「神話」の定義ですが、ここでは「神様についての話」くらいであると思っていただければと思います。
 
むかしむかしあるところに男と女とそれ以外がいました
むかしむかしあるところに白黒黄色それ以外がいました

 

「あたし」がみている世界のことをわかりやすい言葉で語ったのがこの部分だ。たぶん年若い「あたし」が、自分なりに把握しているまわりの世界の枠組みを説明してくれている部分。
 
 
むかしむかしあるところにYESとNOとそれ以外があるのに
いつもいつもことあるごと それ以外はなかったことにされました

 

自分の周りの世界のことを説明したあと、「あたし」は自分の中身について語り始める。何か一つの問に関して、「YESとNO」だけでない答え(保留にする、半分YESで半分NOなど)があるということは知っていてもそれを選択することができない自分についての話。
例えば、「俺と付き合ってよ」と告白されたとして「いいよ」と「ごめんなさい」以外にも「ちょっと考えさせてください」や「あなたのことまだなにも知らないんだけど…」のようなどちらでもない答えを返す勇気や余裕がないこと。
例えば、「大丈夫?」という問いかけに対して「大丈夫です」と「大丈夫じゃないです」以外にも「今精神的にとても不安定で、大丈夫かどうかもちょっとわからないです」という曖昧な答えを返したら困らせてしまうだろうと思って「大丈夫です」というハッキリした答えを選んでしまうこと。
 
「それ以外」をなかったことにしているのは「あたし」なのではないのか。いろいろな答えがあることを知りながら、自分の本音が別にあることをわかった上で「YESとNO」のどちらかしか選択できない自分について客観的に皮肉っているような。
 
目が覚めたら あたしはジャパニーズ
神樣なのに化粧をしないと
外にも出れない 不便なからだ
革命途中よ どーしてくれるの
 
そんな「あたし」は、自分のことを「神様」としてこの物語を語っている。ほんとうは「神様」なんだけど、なぜかある日目が覚めたらごくごく普通な「ジャパニーズ」の女の子になっていたのだという状況把握。たとえ「神様」であっても、今は平凡な人間の姿をしているわけだから「化粧をしないと外にも出れない」。化粧をしたければすればいいし、したくない日は別にしなくたっていい、自由なはずの「神様なのに」こんな「不便なからだ」に生まれてしまうなんて!という理不尽さ。
「あたし」はあまり自分の顔が好きではない(満足していない)から、クラスのかわいい女の子や憧れの可愛いモデルの子みたいになりたいと思っている。だけど、本の中でみる「神様」のように自由自在に姿を変えたりすることはできないから「化粧」をしたりすることによってそれに近づこうとしているのではないか。それでも、頭のてっぺんから足のつま先まで全てが自分が納得いくような姿になれるわけではないので「革命途中」。「あたし」はそんな「革命途中」の姿で人前に出て生きていかなくてはいけないなんて「どーしてくれるの」と思っている。
 
心をーつなんて ふぁっく YOU
ふぁっく ALL にするから"戦争"なんでしょ
 
あまり意識しないだけで無数にある自分の心(「嬉しい」と同時に「悲しい」こともあるし、「死にたい」と同時に「死にたくない」こともある)を、無理やり「一つ」にするなんて「ふぁっく YOU」だと思っている。ある一つの心だけをとりあげて自分の本音だというのは、それ以外の心を軽んじて蔑ろにしていることと変わらないからだ。そんなことをしてしまう自分に対して「ふぁっく YOU」という評価を下している。「YOU」といいながら、くたばって欲しいのは自分なのだと解釈できる。
「ふぁっく YOU」が「ふぁっく ALL」になるのはどんな時か。いいかえると、敵意の範囲が個人から全体へと広がるのはどんな時か。ここでは、世界規模ではなく「あたし」の基準で考えたい。
「あたし」が自分の心を無理やり一つにした時について考えてみる。
例えば、ある友人について「好きだ」と思う心もあれば「嫌いだ」という心もある。今日は好きだけど明日は好きじゃない、でもいいし食べ方が汚いのは嫌いだけどジュースのストローを噛む癖は好き、でもいいはずなのに無理やり「心を一つ」にしてしまったら歪みが生じる。
「好き」だと思い込んでしまったら、嫌いなところが目につくたびに気になってしまってどんどん嫌いになってしまう。
「嫌い」だと思い込んでしまったら、好きなところがあっても「嫌い」な人だし…と思って純粋に好きになることはできない。ストレスがかかって嫌いになっていくだろう。
このように「心を一つ」にした結果として、その人(もの、もしくは世界)に対して「ふぁっく ALL」という敵意を向けることになってしまう。「あたし」が誰か(何か)に敵意を向けてしまった時、「"戦争"」がはじまるのだ。
「あたし」はそんなこともう知ってるわよ、当然でしょと言わんばかりに「ふぁっく ALL にするから"戦争"なんでしょ」と言って「心を一つ」にしようという考えや試みを否定する。では、どうすればいいのか。
 
バラバラハートであいらぶYOU
らぶ ALL できないから 無限に あいらぶゆーを重ねて成りますGOD

 

その解決方法について「あたし」は上のように述べている。何か(例に挙げたような「人間」だけではなく、「もの」や「世界」)の全てを好きになる(「らぶ ALL」する)ことは難しい。好きも嫌いもごちゃ混ぜの、「バラバラハート」を無理に統合して「一つ」にする必要はない。「バラバラハート」のまま愛せばいいというのだ。
世界(自分)の全てを愛することはできなくても、その一部(人であったり、ものであったり)を愛することはできる。あれが好き、これが好きを「無限」に「重ねて」いくことで「GOD」に成れるのだと「あたし」は言う。
神様ではなく、ただの人間である「あたし」が自分を「神様」として語っている理由がここで明かされたのだ。
例えば、自分のことは嫌いだけど音楽・ご飯・友達・猫・文学…が好きな人がいるとする。自分の全てを好きになれなくても、「バラバラハート」のまま好きなものを好きな気持ちを無限に重ねていくことで自分の一部を認めて好きになっていくことはできる。好きの気持ちを積み重ねて、自分の世界で全てを司る神様になることはできる(自分の好きなことを好きなようにできる)ということ。
 
ドグマ・マグマ・ドグマ
ドグマ・マグマ・ドグマ
ドグマ・マグマ・ドグマ
 
外にも出れないGOD
 
(「ドグマ」、「マグマ」、「ドグラ・マグラ」、「カルマ」が入り乱れることの意味についてうまく考えがまとまっていないので言及は控えます。)
 
このシーンは、「神様」である「あたし」の精神状態の混乱を表しているように思う。何か嫌なことがあって、部屋でうずくまって泣いているようなイメージ。ぼろぼろだから「外にも出れない」。
 
私に生きる意味がないと おまえが決めるなさっさとアーメン
神様だとも知らないで アーメン アーメン さっさとアーメン

 

どうにかこうにか気持ちをたてなおした「あたし」による反論がはじまる。他者からの言葉(「死んだ方がいい」というような直接的なものだけでなく、「なんでそんなつまらないものが好きなの?」と自分が重ねてきた好きを否定されることだとか、とにかく自分を否定するような言葉)に傷ついた「あたし」は、そこで折れてしまうのではなく「私に生きる意味がないと おまえが決めるな」と言い切ることができる強さを持っている。「あたし」は自分の世界を統べる「神様」だから、「おまえ」に価値を判断されることなんてないのだ。
(「アーメン」という語についてうまく意味を理解できていないので言及は避けます…。)
 
結婚別にしたくないし
満たされてるのに心配しないで

 

「女は結婚すべきだ」「結婚したら幸せになれる」というような考えを押しつけてくる世間への反論。結婚を考えていなくたって、好きなものへの好きな気持ちを重ねている「あたし」は「満たされてる」。
 
システムーつ作るごとに
マイノリティ もつくった罰として
死んだ目をしたジャパ二ーズ

 

世界の運営を楽にするために作られた「システム」によって、その「システム」を利用できない(対象ではない)「マイノリティ」が生まれてしまっている、という現状認識。そんな状態に違和感を持たずに生きるため、人々は「死んだ目」で生きることになってしまった。違和感を見て見ぬ振りをすることでことなきを得ている人々についての批判。目が覚めたら「ジャパニーズ」だった「あたし」の周りの人々とは、「あたし」と同じく「ジャパニーズ」である。
 
死ねば死ぬほど生きられる現代
クソでもブスでも 世界を変えたい
ほら あなたももう死んでるでしょ

 

現状を正しく把握して思考するという機能が「死ねば死ぬほど」楽に生きていける。たとえ今の自分が「クソでもブスでも」、それを理由に思考停止するのではなく「世界」(もしくは自分)を「変えたい」と思って考えることをやめてはいけない。
死なずに考え続けるということはけして楽なことではないから、いつのまにか思考をやめてしまっているという人も多い。ほら、あなたの(考える機能)ももう死んでるでしょ。
 
世界が消えてった夜も
"世界が消えた"ということがあった

 

自分にとっての「世界」が「消えてった夜」(例えば、しぬほど辛いことがあったり、嫌なことが重なりすぎてもう全部どうでもよくなったりして、翌朝予定があるのに布団の中で泣き続けた夜)があったとしても、「世界」がなくなったり終わったりすることはない。「あたし」がしぬほど苦しんで、「世界が消えてった」と思ったとしても「あたし」を取り巻く「世界」はただいつも通りに存在している。「あたし」は、その世界を生きている以上いつかは「世界が消えてった夜」を終わらせて朝に進んでいかなければいけない。(例えば、人生無理、全部無理と思ってしぬほど泣いても、翌朝はアラームで起きて学校や職場に行かなくちゃいけない)
たとえ朝になって普段通りの生活に戻ったとしても、その「あたし」は一度「世界が消えてった夜」を通過した「あたし」であり、「世界」だって一度消えてった「世界」だ。
昨日の「あたし」(「世界」)と今日の「あたし」(「世界」)は断絶しておらず、地続きである。だからこそ、朝になってから「"世界が消えた"ということがあった」と昨日のことを記しておく必要がある。「あたし」は、昨日の自分があって、そのうえで今日の自分が存在するのだということをきちんとわかった上で生きているのだ。
 
考えろ感じろTOUCH MY YES
あの世もこの世もそれだけが ゼロじゃないもの
誰でもなれますGOD

 

思考が「死ねば死ぬほど生きられる現代」において、考えることは忘れられがちである。既存のシステムを受け入れ、思考停止して死んだ目で生きていくのではなく、「考えろ感じろ」、そして「TOUCH MY YES」と「あたし」は言う。自分が触れた人やものごとについて、頭を使って考え、時には理論に拘らず感覚的にとらえる。それを繰り返していくことによって、「死んだ目をしたジャパニーズ」を脱して、「誰でも」「GOD」になれるのだ。
「あの世もこの世もそれだけが ゼロじゃないもの」とあるように、「あの世」(=ある人の一生)も「この世」(=この「あたし」の一生)も世界全体に対してどんな価値があるかなどということはわからない。自分の人生には何の意味もない、生きている意味がわからないと悲観的に言っているのではなく、誰の人生にだって今の時点で明確な意味はない(=「ゼロ」)という事実を述べているだけなのだ。
 
心をーつなんて ふぁっく YOU
ふぁっく ALL にするから"戦争"なんでしょ
バラバラハートであい らぶYOU
らぶALL できないから 無限に あいらぶゆーを重ねるスタンス

 

自分や世界を「らぶALL」することはできずとも、好きなものや好きなことに対する「あいらぶゆー」を無限に「重ねるスタンス」をとることによって自分や世界を統べる神様になることができる。
 
 
世界が消えてった夜も
"世界が消えた"ということがあった
考えろ 感じろ TOUCH MY YES
あの世もこの世も 君だけが ゼロじゃないもの
誰にも似てないGOD
 
誰でもなれますGOD

 

たとえ世界が消えるような出来事があったとしても、そこで世界が終わって新しい世界がはじまるということはない。「"世界が消えた"ということがあった」という事実と共に、これまで生きてきた世界は容赦なく続いていく。
だからこそ、考えたこと・感じたことは一つとして無駄になんてならない。あの人生にもこの人生にも、もちろんこれを聞いている「君」の人生にも明確な価値なんてないのだから「誰でもなれますGOD」。一人一人考えてきたこと・感じてきたことは違って、全く異なる人生を生きているのだから「誰にも似てないGOD」。
 
■おわりに
「ドグマ・マグマ」は「死ねば死ぬほど生きられる現代」において「あいらぶゆーを重ねて成りますGOD」するためにどうしたらいいのか?ということについての歌ではないかというのが私なりの結論です。
世界はこんな感じで、私はこんな感じで、誰だってなろうと思えば「神様」(好きなように好きなことをする)になれるよね、というイメージでした。
まとまりのない文章になってしまったので、全体を俯瞰できるようなものを…ということで歌詞を色分けしたものを貼っておきます。分類することに意味があるのかいまいちわかりませんが、個人的にはこんな風に読めましたという一例として残しておきます。
 

f:id:souiukotodesu:20170323163728j:plain

bioに書くべきことがわからない

Twitterの自己紹介欄に何を書いたらいいのかわからないという話です。


たぶん「承認欲求の奴隷」→「成人済」→「大森靖子さんが好きです」と変遷してきているのですが、いまいち使い方が合っている自信がないです。

好きなものを書くというのが一般的な使い方?だとしたら合っていると思うのだけど今のbioだと「大森靖子さんが好きな人」というのを自分のアイデンティティーにしているような感じがしてちょっとどうなんだろうという気もします。靖子ちゃんのことめちゃくちゃ好きだし、これからもずっと大好きだけどかといってそれをわざわざ書くことによって自分を定義しているような感じになるのはあんまり望むところではない…ような…いまいちわからなくなってきた!なんやねん!

多分「大森靖子さんが好きな人」の呟きをすべきだという感覚が生じるから、普段呟く内容とズレる?とかそういうことなんだと思うんですけど、いまいちうまく説明ができない。

いっそ空白にしておけばいいと思うんですが、ファンの人をフォローしにいく時にちょっと躊躇いが生じる(得体の知らない人からフォローされると驚くので)からきっとしばらくはこのままでいくんだと思います。いつになくまとまらない記事だ…

たのむからくるしんでくれ

嫌いだわ〜と思ってる人に衆人環視のもと敵意を表明されてげんなりしているし、だいぶショックだったらしく爆音で音楽をかけながら甘いものを摂取している。すこし泣いたらようやく落ち着いてきた。


もうお互いにいい年なのだから、嫌いだなと思ってもそれを本人に直接ぶつけないのがルールなんじゃないの?そんなこともわからずに生きてんのかよ、クソでしょ、私がお前に何かしたのか?確かにお前の生き方が、発言が、考え方が、つぶやきが全て嫌いだけどそれを理由に何かしたわけじゃないでしょ、マジでなんなんだ。

嫌うのは自由だけどそれを表明するかどうかにはある程度制約があると思う…。ので突然そのルールを破られるとふつうにダメージを受けるし防御しきれないのでやめてほしい。

文化祭のクラスTシャツの後ろ側、仲良しの子はあだ名で、そんなに仲良くないけど嫌いではない子は名前で、関わったことないけど嫌いな子は名字で書く女子高生みたいなことをしてくるのがダサいし、それを文字どおりに受け取って傷ついてる私もダサいし、なんかもうどないせえっちゅうねんという気持ち。全然会いたくねえーーけどドタキャンなんてしようものなら何を言われるかわかったもんじゃないのでぜったいしないし、行くし、なんなら笑顔で応対してやるからな覚悟してろよざまあみろ。私はお前に嫌われようとちゃんとしあわせなんだよばかめ。という気持ち。久々にぐわーっと書いたので読みにくい記事ですみません。

夜中に泣いたのは無駄なんかじゃないよ

特技かなってくらいよく泣く人間なんですがらなんで夜に布団で泣き出すとこんなにも止まらないんでしょうね。マジで謎。鼻とかすごいつまるし意味わからん。翌日目元腫れるし。


最近の記事において

つらいことがあってつらい→大森靖子ちゃんを聴いたら/観たら/読んだら楽になった

という流れが多すぎるのは自覚してるんですけど、一回書き出したら歯止めが効かなくなってしまったので許してほしい。無理に、わざと書いているというのではなくうわあしにたいもう無理かも、という気持ちの時にとりあえず朝まで大人しく寝てみようと思える気力を回復させてくれるのが靖子ちゃんの音楽や言葉や笑顔であるというだけの話です。


↑というところまで書いて寝落ちしていたらしい。もったいないのであげておきます。

最近はもう少し落ち着いてきました。コンカツに疲れたので休んだり、とにかくあそびほうけることで自分にやさしくしている感じです。そろそろ誕生日なの、実感がなくてちょっと笑う。自己嫌悪と自意識過剰をもうやめたいですね。おやすみなさい。

大森靖子の続・実験室に行ってきたらめちゃくちゃ楽しかったという話

ファンクラブ会員になってから、機会を逃し続けていた続・実験室にようやく行けたのでそれについてのレポート的な記事です。

行ったことないけど気になってるよという方に向けての記事なので、既に常連だよという方にとっては目新しい情報はないやもです。

 

★場所

新宿ロフトプラスワン(http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/access.html

ファミマの隣、エレベーターの横の階段の下にあった。(サイトの写真を見た方がわかりやすい。)

チケットに書かれた整理番号順に並んで待つ。案内の方の指示に従って並べばよいが、前後の人と番号確認をするのは自力でやらねばならない。

 

★開場〜入場

開場時間になると、店員さんに番号を呼ばれた人から会場に入っていくことになる。

入口で身分証と会員証を提示して、アンケートと番号札をもらい席に着く。(入口のすぐ近くには物販スペースがある。)

 

★食事の注文

500円以上ワンオーダーなので、メニューを見つつ注文する。メニューは机の上にあった。(大森靖子丼が450円、大森靖子うどんは500円だったと思う)

オーダーは席でする。(手をあげるか、オーダー札をあげるかすると店員さんが来てくれる。)

番号札の番号を伝えてから注文するとスムーズ。食事代は店を出るときに入口で精算してもらう。

食べ終わった食事はトレーごと回収してもらえるが、トークライブのはじめとおわりに靖子ちゃんとエア乾杯するタイミングがあるので飲み物は手元に置いておいてもいいかもしれない。

 

★開演まで

開始前・休憩中・終了後に入口付近で物販があるので、このタイミングで行っておいてもよいかもしれない。

アンケート記入用のペンはメニューと共に机の上に置いてある。書き終わったら店員さんに渡すと回収してもらえる。

 

★開演後

トークライブ

回収したアンケートを読み上げて質問に答えてくれたり、そこから話をひろげてくれたりする。たのしい。

ツイート禁止棒が上がっている時以外のことはツイートしてもよいので、ちょこちょこツイートしてる人もいた(気がする)。

 

②休憩

舞台転換のため休憩時間があるが、トーク直後は靖子ちゃんステージにいらっしゃったり追加トークがあったりする。何分後にはじめます〜とかはない。トイレは混み合っていることが多い。

 

③ライブ


大森靖子「SHINPIN」2016.12.21 at LOFT-PLUS ONE

↑こんな感じの距離感でライブがある。すごい。最前列の人がリクエストを求められたりしていた。

 

④チェキ会

ライブが終わるとチェキ会がはじまる。

周りが一斉に席を立ち、荷物をまとめはじめるのでびびる。

ステージ右前〜外階段に列が形成されるので、とりあえずステージ右前に向かっておけばよいのだと思う。

チェキは1000円。順番が近づくと店員さんが回収に来てくれるのでそこで精算する。

チェキはステージの上で撮ってもらうことになる。

めちゃくちゃ緊張したのでいまいち記憶が定かではないないが、流れとしては

1.握手するなどしてチェキをとる

2.印刷されるまでの間すこし話す

3.手渡してもらって帰る

という感じだった(はず)。

 

★その後

チェキを撮っている靖子ちゃん(を撮っている二宮さん)を眺めたり、物販にいらっしゃる美マネさんとお話ししたりしている人もいた。

入口で番号札を渡して精算し、キャッチに絡まれつつ帰る。 

 

★まとめ

学校の教室くらいの距離だった(黒板の前でトーク、教卓の上でライブというイメージ)!ということから衝撃的すぎてうまく感想が言えそうになかったので淡白な記事になってしまったけれどとっても楽しかった!!!です!!!

次回は3月30日に開催されるそうです🎀

 

顛末

わーーんもう月曜日ですね?!?ここ最近いろいろありすぎて脳がアレしてるので備忘録がわりにかきます。


コンカツのこと書いているのでツイッターに鍵かけてたんですが、息苦しくなったのでちょこっと消してあけました。ツイ消しはしない主義だったんですが、あんまし明示的にいうのもよくないなと思いだしたのでいたしかたなし。


ブログ記事は消さないですが、もうちょっとぼやかして書くべきだなと思ったので気をつけます。


宣言通りおデートしてきました。

思っていたより地獄じゃなかったんですが、それでもやっぱり落ち着かないものですね。初対面の人とにこやかに話せる人間じゃないのを忘れていたんですが、できるだけ頑張ったとは思います。

ドラマ四重奏の某すずめちゃんを思い浮かべつつできる限り天真爛漫ぶったんですが、こう、疲れますね。私の顔は満島ひかりちゃんじゃないし…。似合わない演技って恥ずかしいですね。

嫌悪感はなかったし、私の言葉で誰かが一喜一憂してくれるのはそこそこ楽しかったのですがときめいたりきゅんとしたりはしなかったので何ともいえない。正しかったのかどうかばかりが気になる。


あとあれ、最近気になっているんですが恋人同士ってどんなLINEのやりとりしてるんですか?!友人のを見せてもらったことがあるんですが、朝から晩までメッセージを送り合っていたという印象があり、それってたのしいのか…?話題は尽きないのか…?という疑問がすごい。

自分の生活のこととか、話しても相手はつまらないじゃないですか。仕事のことを話してもらっても、私は有益なコメントもできないですし。ほんとうに好きな相手だったら何をしてたのかとか全部知りたくなる?ものなのかな。恋人とのLINE画面を見せて欲しすぎる。


けっきょくのところ恋愛をまともにしたことがなく、経験値がないにも関わらず本や漫画やドラマから得た知識だけはあるので理想とすべき恋愛像をつくりだしているからうまくいかないんじゃないかと思います。

実践の中で学んでいくにはもう遅い?し、かといって知識によせていく(恋人役を演じる)のも違う気がするし、八方塞がりだけど今日も絵文字まみれのメッセージを送っている私でした。春まではがんばる。

わんわん泣いている

こんばんはお元気ですか、私はなんかよくわからないんですが一人の部屋で号泣しています。ベッドの上に箱ティッシュをもちこんでおいてよかった。赤裸々な記事です。泣いているので内容をきちんと考えられない。


時系列順にかくと

①父「結婚してはよ出て行って欲しい」

②コンカツサイトに登録し、何人かとメッセージのやりとり

③週末にデートすることになる

④超歌手・大森靖子ちゃんがカルテットに出演する

⑤カルテット内での夫婦崩壊を受けて、靖子ちゃんが「結婚は手段であり目的ではない」旨のツイートする


という感じです。説明不足がすごい。ええと、おおさかでのカラオケ動画をみていたらなんか涙が出てきて(悔しいとかではなく)泣きながら靖子ちゃんのツイートを読み返していたらさらに泣けてきてしまって困っていたところです。

厨二病かよという意見は甘んじて受けますが、恋愛というものの意味?価値がよくわかっていないので(二次元においてはふつうに感動するし幸せになってよかったねと思います)恋愛をする必要性を感じられません。

だけど結婚しないと心配かけるのなら早くして安心してもらおう〜とぬるくコンカツをしていたので、完全に結婚が「目的」になっておりそこに愛を育む余地はなく、相手に失礼だしそんなの意味ないじゃん、でも人のことを恋愛感情で好きになるなんてむりだよ、という気持ちになっています。一生のできるだけ長い時間を過ごしたい相手も、私に対してそう思ってくれる人もいないとしたらさみしいの極みかよ、と思うとよけいに泣けてきて枕が冷たい。人を好きになるってどうしたらいいんですか、冗談じゃなくて、厨二病でもなくて、ほんとにわからなくなってしまって泣くしかない。なんでそんな当たり前みたいに好きになれるのか、いちゃいちゃできるのか、自分が好きになったとして相手が好きになってくれなかったらどうしたらいいのか、疑問ばかりがぐるぐるしている。

とにかくいまわかるのは、大切に思えてずっと一緒にいたいような人に自分もそう思ってもらえるような努力をしなければならないということだけだと思うので大人しく寝てせめて肌を元気にしようと思いました。