読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんらくし

考えたことのメモなど

ライブハウス(ZeppTokyo)についてのメモ

人生ではじめてライブハウス(ZeppTokyo)に行ったよということで、とりあえず覚えているうちにメモしておきます。(11/18、大森靖子さんのライブでした。)


○服装

意識高いTや新⚫️Tの人が多かった。単体で着ている人、下に長袖を着ている人、パーカーやジャケットの下に着ている人など様々な着こなし方がある。

制服の女子高生から普段着のおっさんまで、わりとみんな自由な服で来ていたように感じた。

「冬でも暑くなるから半袖短パンにすべき、ジーンズは汗ではりついて大変なことになる」的な意見をたくさんネットで見かけたけど、会場が広いからか長袖トレーナーとスキニージーンズでもそこまで暑くはなかった。


○荷物

会場内ロッカーはわりと混んでそうだったので、ヴィーナスフォートの近くのロッカーを使った。3時間で100円なのすごい…。

会場内にはななめがけのちっちゃなバッグを持っていったけど、特に困ることはなかった。ただ、ペンライトが入らなかったために会場までむきだしで持っていくことになった。

リュックやトートバックを持って入ってる人もいたし、それでも割と平気そうだった(開演してからはわからない)。


○時間

物販開始〜開場まで何してればいいんだろうと思っていたけれど、一人で来た場合近くの店でご飯を食べたりするほかなさそうだった(個人の感想です)。

会場前のロッカーには開場2時間前から荷物を預けている人もいた。

整理番号順に並んで待つというよりは、会場前の空いたスペースに準備を済ませた人から集まってきて携帯をいじったり人と話したりして開場時間を待つという感じだった。

開場時間の5分前には空いたスペースはほぼいっぱいになっていたように思う。スタッフさんに整理番号を呼ばれた人から中に入っていくのだけど、B1200番台だと呼ばれるまでに20分くらいかかったのでそんなに早く集合している必要はなさそう。


ライブの感想などはまた記事と日を改めて書きます。当日の午前3時まで「ライブハウス 服装」「ライブハウス 服装 冬 女」「ライブハウス 荷物」「ライブハウス ロッカー」などと調べていた私のような人の役に立ったらよいのだけど。