読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんらくし

考えたことのメモなど

わんわん泣いている

こんばんはお元気ですか、私はなんかよくわからないんですが一人の部屋で号泣しています。ベッドの上に箱ティッシュをもちこんでおいてよかった。赤裸々な記事です。泣いているので内容をきちんと考えられない。


時系列順にかくと

①父「結婚してはよ出て行って欲しい」

②コンカツサイトに登録し、何人かとメッセージのやりとり

③週末にデートすることになる

④超歌手・大森靖子ちゃんがカルテットに出演する

⑤カルテット内での夫婦崩壊を受けて、靖子ちゃんが「結婚は手段であり目的ではない」旨のツイートする


という感じです。説明不足がすごい。ええと、おおさかでのカラオケ動画をみていたらなんか涙が出てきて(悔しいとかではなく)泣きながら靖子ちゃんのツイートを読み返していたらさらに泣けてきてしまって困っていたところです。

厨二病かよという意見は甘んじて受けますが、恋愛というものの意味?価値がよくわかっていないので(二次元においてはふつうに感動するし幸せになってよかったねと思います)恋愛をする必要性を感じられません。

だけど結婚しないと心配かけるのなら早くして安心してもらおう〜とぬるくコンカツをしていたので、完全に結婚が「目的」になっておりそこに愛を育む余地はなく、相手に失礼だしそんなの意味ないじゃん、でも人のことを恋愛感情で好きになるなんてむりだよ、という気持ちになっています。一生のできるだけ長い時間を過ごしたい相手も、私に対してそう思ってくれる人もいないとしたらさみしいの極みかよ、と思うとよけいに泣けてきて枕が冷たい。人を好きになるってどうしたらいいんですか、冗談じゃなくて、厨二病でもなくて、ほんとにわからなくなってしまって泣くしかない。なんでそんな当たり前みたいに好きになれるのか、いちゃいちゃできるのか、自分が好きになったとして相手が好きになってくれなかったらどうしたらいいのか、疑問ばかりがぐるぐるしている。

とにかくいまわかるのは、大切に思えてずっと一緒にいたいような人に自分もそう思ってもらえるような努力をしなければならないということだけだと思うので大人しく寝てせめて肌を元気にしようと思いました。

ちょーうける

うけねえ。21年ほど恋愛の履修を避けてきた結果、圧倒的経験値不足でつらいめにあっている。交際経験自体はありますが、前にも書いた通りあれはどちらも恋愛ではなかったのでノーカンです。

なんやかんやあっていまは
オタク(レスポンスが速い)
がんだむの人(レスポンスが遅い)
二人とやりとりをしているのだけど、オタク氏の言葉遣いや反応がいちいちテンプレート的なオタクでものすごく引いている。いやまあただの自己嫌悪なんだと思うんですけど、なんか無理なんだよなあ。なんででしょうね。初日かららいんを聞いてくるからか?返信遅れると追撃してくるから?いずれにせよあんまり好きなタイプではなく、ゆるやかに終わりたいんですが会う約束をとりつけられてしまったので大人しく会ってきます。すっぽかさないようにがんばる。

がんだむの人とやりとりするのはたのしーんですが(すこし年上だからだと思う)、相手はスペックを見た限り私を選ぶ理由がなさすぎるので返信が遅いんだろーなあ。私も逆の立場だったら忙しさを理由にフェードアウトしただろうし。

あとはなんかもうめんどうになって既読スルーをきめこんでる感じです。自分勝手に超疲れた。もう許してくれ。結婚に、恋愛に夢なんてみたくなかったんですごめんなさいという気持ち。

大爆笑

追い詰められてよくわからないことをしてしまい(具体的にいうとこんをかつするサイトに登録し自撮りをあげたんですが)、わけがわからなくなって笑っています。なんだこの人生。


人に容姿や文章だけで何かを判断されるのめちゃこわいですね!いいねした相手からいいねはこないけどよくわからん人からメッセージくるしフットサルが趣味の快活な人めっちゃいるし!

ていうかなにをもっていいねすればいいのかもわからんし人間が怖くなってきた…私が求めているような恋愛をしたくない人間はコンカツサイトに登録しないので出会えないのではというのが真実な気がする。

明日からかわいこぶってメッセージ返すので、疲れきってしんでたら笑ってください。

ボロボロ

家事やるマシン、一週間が経過しようとしているのだけどそろそろボロがでまくりでやばい。今日とか睡眠とご飯しかしていない。あっ皿も洗いました。でもそれだけしかできてないんだよなあ


しにたい!という気持ちがどんなものだったか思い出せない。慢性的にしにたいムードは漂ってるんだけど、そういうのではなくもっと明確な意思としてのしにたさみたいなものと最近めっきり縁がない。ほんとにあったんだろうか。思い込んでいただけでは?


あっためたおさけがおいしーけど、人と会う予定が二つほどあり、どちらも自分からもちかけたくせにもうおそろしくなってドタキャンしかねない気持ちになってきてしまって憂鬱。クソ野郎かよ。ちがうんだよ、片方は仕事について聞きたくて、もう片方は私から返事をしなきゃいけない感じになっちゃってたんだよ。私のせいじゃないことにしようとしてるけど、行ってから不快にさせてしまったらそれは全部私のせいだよね…。やだな。失望させたくないし迷惑かけたくない。突然私が美少女になってないかなあ!


かわいくないし、かわいくなろうという努力を恒常的にできないし、私よりハードモードだったはずの同期が努力せずしてハッピーになっている様子をツイッターで知ってしまったし、なんかもうしぬべきではみたいな気持ちになった。


「25歳を過ぎたら逆転現象が起こるから、自分の顔あんま好きじゃない人もなんとかそこまで踏ん張ったらいいと思う」みたいなことを靖子ちゃんが言っており(リリイベだったと思う)、ちょうどいいタイミングでその動画を見たためにとりあえずの目標が25歳まで生きることに定まった。もうすぐ誕生日だし、アルバムも予約したし、実験室もチケットとったし、とにかく全部乗り越えなきゃな。満身創痍で瀕死の重傷でも、とりあえず会えることを楽しみにして生きて帰ろう。


諸々の書類の用意をしなくっちゃ!


えらいえらい

自分をほめてあげられる精神状態になったので無限よしよししている。


家事諸々がたまりまくっている!し朝ごはん見届けたら寝てしまうので洗濯物の山がすごい。でもこれから夕ご飯の買い出しにいくし、荷物も受け取ったし、帰ったらお皿も洗うし、終わったら絵もかきたいし、それ全部終わったらすごくない?なんなら台所も片付けちゃったりしてね。めちゃえらいよな。


また一回ブログのアクセス数がガタッと伸びたんだけどなんだったのか?うれしいですありがとうございますという私信。


人々がやさしくてやさしくされているなあと思いつつ順番を待っている。今日の記事、いつにもまして話題に一貫性がないですね。お腹がめためたに痛いのにがんばってるから許してほしーな。誰にだよ。

ねむ〜い

〜←この記号、むしょうに腹がたつこともあるけどゆるい感じが憎めなくて嫌いじゃない。そんなわけでねむ〜い記事です。


恋人が欲しいわけではないけれど誰かのとくべつになりたいのってそんなに難しいことなのかな。前にもどこかで書きましたが、性交渉なるものへの疑惑と恐怖が強く(べつになにかあったわけではないき男性恐怖症でもないです)、子どもを持ちたい願望もない(責任を負えない)ため恋人を望めない。

望めない、といわれてもべつに恋人もお前に望まれたくなんかねーよという感じのかおかたちをしておりますゆえ言い訳にしか聞こえないだろうと思うとこんなこといえねーーよと思う 努力をしろというはなしだけど誰かに愛されるために努力をするのって具体的な誰かがいないと難しくないですか 今のところ自分を醜いと思わない程度の水準までひっぱりあげるのに必死なのでそれどころではない

でもいつまでも実家にいるのはよくない(私は実家でしにたいんですが、父的には早く出て行って欲しいそう)らしーし、婚活するなら若いうちだろうなと思うんだけど今わたわたしていてできそうにない あとそんなにモチベーションもない 人に幻滅されたり拒まれたりしたくないタイプの人間なのでそんな自分を痛めつけるような場に身を置いたら最悪の場合しにます それはやばい


家族を忌避しているわけではないし、家族以外の他者と一生一緒にすごすというのは気が合えばきっと楽しいんだろうなと思うけど

①そんな人とそう簡単に出会えるのか?

②出会えたとしてその人は私に魅力を感じるのか? 

③性交渉なしで結婚しようぜ!ということになるのか?

など疑問は尽きず、結婚して友人として暮らしていくなどという絵空事は叶うのだろうか?という思いが強い


やること山積みすぎてどうしよーもないことばっか考えてしまう ねむ〜い

内向的な馬鹿と外交的な馬鹿

‪人間には外交的で人と関わるのが好きなタイプと内向的で自分と深く関われるタイプしかいない。どちらがいいというわけではなく、外交的であっても思慮深さが足りなければただの馬鹿であるし内向的であっても他者と関われなければ視野が狭い馬鹿である。‬自分がどちらのタイプなのかを知り、認めた上で足りない部分を補うよう努力していくのが気持ちのいい人間になるための方法である。

 

↑のようなことを先生が言っており、なるほどーと思ったのでメモしておく。メモするまでもなく覚えているし、一年前のことだし今更何をという気がしないでもないけれど記録することに意味があるような気もするので書いておきます。


こんな記事を書いている時点で自分が内向的なのは百も承知なので、どうにか外に向かわねばとがんばったり(主に夏頃)していました。がんばろうと思えばがんばれるし、やればそのぶん何かしらの手応えはある(し嫌なこともある)ことはわかっているのだけど面倒なので去年は下半期完全に内向一択で自分を掘り進めていました。それはそれで得るものがあったけれど堂々巡りで視野狭まりまくりだったので弊害もある。


気持ちのいい人間になりたいなというぼんやりした希望を捨てずに非常識なタイミングで不躾なリプライをしたり、DMをしたり、ラインをしたりとここ一週間くらいめちゃくちゃ外向きな活動を繰り返しているのでそのうち手応えがあるかもしれないし、打ちのめされてしにたくなるかもしれません。がんばれ私、フレフレ私(思考を放棄したポジティブキャンペーン)と言ってもあまり効果がないのでいつも通り大森さんの歌を聴いてアルバム発売に備えることで精神の安寧を保ちたい。