読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんらくし

考えたことのメモなど

自分に呪いをかけてしまう

今日もやる気が起きずなんにもできません、つらい。

タイトル通りの話をします。

靴は右足から履くといいことがあるだとか、そういうジンクスはきっと誰もが知っていることでしょう。

私は特別それらのジンクスを信仰しているわけではないのですが、幼い頃からの癖なのか勝手に自分でジンクスを作り上げてはそれを遵守しようとする傾向があります。

一番わかりやすい例えとしては、某テニス漫画の赤い学校の部長があげられそうです。

彼はテニスプレーヤーなのですが、「この試合に勝てなかったら一生女の子とチューできない!」と思い込むことで自分を追い詰めて実力を発揮するというプレイスタイルなのです。

それと同じように、日常生活の中でいくつもこういう縛りを作り出してしまう癖があります。

たとえば、「今流れている曲が終わるまでは湯船につかっていないといけない」とか「このステージをクリアできなければ何をやってもだめ」とか「家まで足をつかずに帰れないとよくないことがある」とか、「特にいらないのだけど、書き終わったレポートのために集めた資料のスクショを捨ててはいけない。なぜならそれのおかげで今回の成績がよかったから」とか、そういうちいさくてくだらないことを達成できないと後々よくないことがあるという単なる妄想なのですが、なかなかどうしてやめられない。

どうしたらいいんでしょうね。



(追記)

紛らわしいようなのでタイトルの表記を変更しました。